5号館 パステルホープアートレク実施!

「晴れる家」5号館で、「パステルホープアート」のレクリエーションを実施しました。

ご利用者様の娘様であるI様が、「パステルホープアート」のインストラクターの資格をとられたとのことで、ボランティアで教えていただきました。

パステルとはクレヨンを柔らかくしたような画材です。柔らかい色合いが特徴的な「パステル画」をご覧になった方もおられるのではないでしょうか。「パステルホープアート」は、パステルを、例えば茶漉しで削って粉にして、それを指に付けて、ふんわりとした絵を描くのです。絵心がない人も簡単に描けるそうですよ。短時間で完成し、用具も少なく、手軽に達成感、満足感が得られので、レクリエーションにもってこいです。

パステルも茶漉しも画用紙も、百均で揃いますからね。 3月16日(土)に、ためしに実施しました。楽しみにして下さっていた方はもちろん、「自分は出来ない」とおっしゃっていた方が、とても絵心があって上手に仕上げられ、本当に充実した楽しいイベントができました。

一緒に作品を作りたいとおっしゃって来て下さった「晴れる家」1号館のケアマネージャーやナースさんが、一所懸命、先生の指示を皆さんに説明したり、手を取って教えて下さったりしていただき、みなさんとても素敵な作品ができました。 参加されたご利用者様の皆さん、熱心に取り組まれ、完成した作品にご満悦です