地域セミナー セカンドライフのお金のお話~人生100年時代を生きる知恵~

セカンドライフのお金のお話

シャロームでは、地域の方々に介護や健康に関するセミナーを精力的に実施しています。

先週の3月3日(日)、「晴れる家」3号館デイフロアでは、ユニークな取り組みとして、シャローム財務経営推進室の西川宏治副チーフ(元銀行マン)が「セカンドライフのお金のお話」を講演しました。地域の自治会やガーデン新聞などにて広報を行い、高齢者の方々にとって身近な、関心の高い話であることもあり、10名(地域の方7名、入居者様3名)に参加いただきました。

下がる一方の年金、健康の不安などの中で、豊かな老後を今のうちに考えることが必要であり、そのためにはどれぐらいのお金を準備しておかなければいけないのか、そのためにはどうすればよいのか、というテーマを提起して、「お金に働いてもらう」金融資産の運用について説明しました。

一般世帯での平均的な貯金額や儲け話や損した話なども織り込み、興味深くお聞きいただきました。終了後もみなさんの質疑応答が長く続きました。 シャロームは今後も地域の方々へ向けてさまざまな情報を発信していきます。